債務整理とは?4種類の債務整理を解説

債務整理という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは借金を減額したり、支払いに余裕を持たりして借金の負担から解放される手続きを指しています。ここでは、そのような債務整理について紹介します。

◆債務整理は4種類ある
債務整理と一言で言っても、実は4種類あるということを知っているでしょうか。過払金請求、任意整理、民事再生、自己破産、というものになります。そしてこれが4種類はそれぞれ手続きも異なりますし、どのように借金に対応するのかということも違ってきます。しかし、全てにおいてブラックリストに載ってしまうという事は共通点だと言えるでしょう。4つのうちどんな手続きを行ったとしても、債務整理を行えばブラックリストに載ってしまうのです。ブラックリストに乗った場合はクレジットカードなども使えなくなりますので気をつけましょう。

◆弁護士や相談無料の制度を利用しよう
債務整理を考えるという事は、たとえブラックリストに載ってしまったとしても良いと思えるほどの借金を抱えているということです。しかし、いざ債務整理を行おうと考えても、一体何をしたら良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか。そのような場合は弁護士に相談をすることが大切です。最近では弁護士には相談無料ということもありますし、メールなどで匿名相談を行うことも可能です。さらに家族には内緒にしておきたいという人にも安心で、弁護士ならば守秘義務がありますから、家族に連絡が行くこともありません。