アガリクスがサプリの成分に利用される健康への効果

健康に効果の高い食品がサプリの成分に利用されることはよくありますが、その食品の中に「アガリクス」があります。アガリクスとは、日本名を「ヒメマツタケまたはカワリハラタケ」と呼ばれるキノコの一種です。

 

●アガリクスとは

かさの形が同じキノコのマッシュルームに似ており、柄の部分が太くて長いのが特徴です。香りが強く、ほど良いコシがあります。アガリクスの原産地はブラジルの東南部で、古くから地元住民に食されてきました。

 

アガリクスが日本にもたらされたのは1960年代の中頃です。アガリクスは放置しておくと、自分のもつ酵素で溶けてしまうという性質があります。その性質から、人工栽培が難しいとされていましたが、収穫後すぐにスライスし、さらに乾燥させて保管することで、人工栽培が可能になりました。

 

●健康への効果

アガリクスが評価を得るようになったのは、タンパク質や糖質、繊維質、脂肪など、健康への効果の高い栄養素が豊富に含まれているからです。ほとんどのキノコは多糖体を1種類か2種類くらいしか含んでいませんが、アガリクスは6種類もの多糖体を含んでいることが、その優位性を示しています。

 

アガリクスは炒めても焼いても食すことができますが、クセが強く、決しておいしいとは言えません。そこで、効果的な摂り方がアガリクスを成分に含んだサプリです。サプリであるため、抵抗なく摂取することができます。ちなみに、乾燥アガリクスを煎じて飲んだり、みそ汁や餃子の具にして食べたりしている人もいます。