実家の両親が元気なうちに生前整理で荷物の片付けを

実家で暮らす両親が80歳を過ぎたころ、高齢と言ってもまだ元気なうちに、少しずつ終活や生前整理を始めていかなければならないと思うようになりました。その中でも以前からずっと気になっていたのが、家の中の荷物の多さです。

ほとんど上がることもなくなった2階は、ほとんど物置状態になっていて、しかももはや使うこともないだろうと思えるような服やがらくたでいっぱいです。中には懐かしい思い出の品もあるのですが、両親が亡くなったときのことを考えると、不要なものは少しずつ片付けていかないと後が大変だと思ったのです。

両親の同意を得た上で、帰省する度に少しずつ使わなくなったものから整理していくことにしました。いわゆる生前整理というわけです。

最初は一つ一つ必要かどうか尋ねていたのですが、そのように尋ねると「まだ使える」という答えが返ってきてなかなか前に進みませんので、途中からは、明らかに使わないものはこちらの判断で勝手に生前整理してしまうようにしました。

ところで、そのようにして少しずつ生前整理していくうちに、捨ててしまうには勿体ないと思えるような高価なものがあることに気づきました。年代物の品や本など、まるでお宝のように出てきます。

そこでそのような価値があるものは、分けていくことにしました。そして、それらのものを持ち帰って使うものと、買取りしてもらうものとに分けていったのです。このようにして使うものと使わないもの、もらうものと買い取ってもらうものとに分けることで、整理もスムーズになっていきました。

終活の一つである生前整理が大切であるということは、最近よく耳にします。特に、離れて暮らす両親が高齢になってくると、まだ元気なうちにできることから少しずつ初めて行かないといけないと思います。

幸い、わたしの両親は持ち家に住んでいるので慌てることはないのですが、もし賃貸に住んでいて突然亡くなってしまったときには、片付けが大変なことになってしまうことでしょう。だから、もう使うことのないものがあれば、少しずつ生前整理していくことが大切なのです。

ただ、使わなくなったものといっても、すべてをゴミのように扱うわけではありません。中にはお宝のように価値があるものが含まれていたり、もちろん思い出もたくさん詰まっていますから、一つ一つ丁寧に行っていくことが大切です。

実家の整理をしていく中で、これは高く買い取ってくれるかもしれないと思ったのが、アンティーク家具でした。たった一つだけですが、アンティークな棚が2階の部屋にぽつんと置いてあったのです。

話を聞くと祖母から形見として引き継いだものだそうで、非常に立派なものでした。父は、これはわたしに引き継いでほしいということだったので、売るわけにはいきませんが、買取り店に見積もってもらえば、かなりの高値が付きそうな高価な品です。

生前整理のつもりがいつのまにかお宝探し、思い出探しに夢中になってしまっている自分がいて、なかなか前に進みませんでしたが、ある意味楽しく片付けができて良かったと思っています。またいくつもの品を買い取ってもらえたのは、部屋がすっきりすのと同時にお金も入るので嬉しいことでした。