家の建て直しにより美術品を買い取りしてもらいました。

私が夫と結婚をしたのは10年前の事でしたが、昨年より夫の実家を建て直して、二世帯住宅にすると言う計画が持ち上がっています。
夫の実家は夫の祖父母と二世帯同居の家でしたが、今では祖父母も他界されて、義両親が2人で生活をしております。
今回は完全なる建て直しをして、私たち家族との二世帯住宅になるのですが、生前の祖父母の荷物を放置しているので、家の建て替えを機会に祖父のものを処分と整理する運びとなりました。

 

最初はどんどん処分する荷物からまとめましたが、それでは時間がかかるので、片付けの業者さんを呼んで、荷物の処分と整理をしました。しかし、片付け業者さんから陶磁器がとても効果な物もあり、中国の古いものだと思うということを教えてもらいました。片付け業者さんがたまたま美術品にお詳しい方で誠実な方でしたので、処分をしてしまう前に教えてもらえました。

そこからは鑑定や買取をしてくれる専門の業者さんをご紹介いただきまして、祖父の家から出てから美術品や陶磁器などを鑑定してもうことになりました。
鑑定の結果はまさかのお値段がついたので、家族で思わず目を見合わせました。

 

祖父母たちが残してくれた美術品を全て買取してもらい、そのお金を使って新しい家のインテリアか照明器具を購入して、新しい家でも祖父母たちを思い出そうという話しになっております。
あの時に高価な美術品だと分かっていなかったら、全て処分していたと思うので本当にありがたく思います。